エクササイズ

  • ダンベル
    • ダンベルスクワット
    • ダンベルカール
    • ダンベルプレス
    • ダンベルローイング
    • キックバック
    • サイドベント
    • クランチ
  • ストレッチ
    • 体側・肩
    • 脇腹・腕
    • 背中
    • 胸
    • 脇腹
    • 脚の後ろ側
    • ふくらはぎ
  • リラクゼーション
    • 呼吸法(腹式呼吸)1
    • 呼吸法(腹式呼吸)2
    • 筋弛緩法
  • ウォーキング
    • 正しい姿勢
    • 正しい歩行フォーム
  • 予防体操
    • 肩こりが起こる原因
    • 肩こり予防体操
お電話・メールでのお問い合わせ
お申し込み方法はこちら

ダンベル

《なんとなく、体や心が疲れたな!》 と感じる時ありませんか?
そんな時、ほんの少しのリラクセーションを行ってみてはいかがですか?
リラクゼーションとは緊張を和らげることによって身体的・精神的にゆったりとしたくつろだ状態を得ることです。複雑多様化する現代においてストレス反応による様々な影響を取り除くためにも体と心の緊張を解き、リラックスすることはとても重要な事です。
リラックスすることで内臓の働きも活発となり、心身ともにリフレッシュできます。 ここで紹介するリラックス方法は簡単に誰でも行えますので、ぜひ日常生活に取り入れてみてください。
[効果的に行う為には]
  • 静かで落ちつける所を選ぶ。
  • きつめの衣類や眼鏡、腕時計など体に刺激を与えるものを外す。
  • 自分の心臓の音などの内部の音に意識を集中し、他の事を考えないようにする。
[香りによるストレス解消法]
  • 生のハーブや乾燥ハーブをお茶にして飲む。
  • エッセンシャルオイルをハンカチや枕にしみこませて吸入する。
  • お風呂にエッセンシャルオイルをたらして入浴する。
  • シップやマッサージに用いる、など。 香りを健康生活と快適環境のために活用してみてはいかがでしょうか。
[香りの楽しみ方]
神経を静めリラックスさせたいとき カモミールやシナモンなどを入れたお茶を飲むと効果的です
ぐっすりと睡眠をとりたいとき ラベンダーやローズを少し詰めたハーブピローで就寝する
眠気を覚ましたいとき レモンなどの柑橘系の香りやペパーミントの香りが目をぱっちりさせます
仕事に集中したいとき ヒノキやユーカリなど、森の木々の香りが気分転換となり仕事がはかどります
※その他に音楽、森林浴や入浴など様々なリラックス方法があります。

呼吸法(腹式呼吸1)

  1. 肩の力を抜いて自然な呼吸を続けます。
  2. 目を軽く閉じ両手をお腹にあててみましょう。
  3. 呼吸を感じとります。ゆっくりと鼻から息を吸い口から細く長くゆったりと吐くようにします。
    • 体の中にある空気を全部吐ききり、吐いた分だけ体に入ってくるのを感じてください。
  4. この方法を続け、徐々に気分がゆったり落ち着くのを感じてみましょう。
呼吸法(腹式呼吸1)

ダンベルカール

  1. 仰向けに寝て手のひらを上に向けましょう。
  2. 目を軽く閉じ、呼吸はゆっくり自然に続けます。
  3. 呼吸法1の(3)と同じように繰り返します全身の力が抜け、ゆったりとした気分になるまで続けてみましょう。
呼吸法(腹式呼吸2)

筋弛緩法

筋肉の緊張を取り去る事によって余分な刺激を頭に送らず脳の興奮を和らげ心身のリラックスができます。
[筋弛緩法とは?]
個々の筋肉を意識的に緊張させてからゆるめることによって心身をリラックスする方法です。
筋弛緩法筋弛緩法筋弛緩法筋弛緩法筋弛緩法
  1. 一番楽な姿勢になり目を閉じる、しばらくゆったりと呼吸する。
  2. リラックスさせたい部位(図(1)~(5)→の部分)の筋肉に意識を集中させ数秒間、力を入れて筋肉の緊張状態(穏やかな痛み、又は圧痛)を感じとります。
  3. そしてその緊張を間髪を入れず一息で解きます。脱力後筋肉のゆるみを感じたら、もう一度繰り返します。
《緊張―弛緩》
一ヵ所に3回ぐらい行いますが、2回目は1回目より緊張させる力を軽くし、3回目はさらに軽くします。痛みが強いときは、緊張は行わず、弛緩だけを行うようにします。
  • 緊張させる段階では全身に力をみなぎらせるのではなく、リラックスさせたい部位に意識を集めその部位のみを緊張させます。
    以上の方法で頭から足先の筋肉まで順を追って《緊張―弛緩》を繰り返しながらリラクゼーションを行ってみましょう。